--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢の3DCG技術 GPUレンダリング リアルタイムレンダリング

2009年07月30日 09:45

V-Ray RT GPUアクセラレーション
http://www.oakcorp.net/
http://vray-jp.com/index.php/news/75-news-20080421-1
<記事>
ChaosGroupは、ユーザーミーティングにてV-Ray RTの次のステップとしてGPUアクセラレーションへの対応版をデモします。この開発中のV-Ray RTはGPUアクセラレーション規格として標準化が進められている"OpenCL"でインプリメントされており、"OpenCL"をサポートしたGPU ボードなら全て利用可能です。さらにV-Rayのディストリビュートレンダリング(並列処理)技術を使って複数のGPUボードを使う事により、圧倒的なリアルタイムパフォーマンスを提供するでしょう。
最終的には、CPUベースのV-Ray RTと全く同じ条件の複雑なレンダリング処理がGPUでもできるようにする事を目指しています。ご期待ください!

コメント
現在の3DCGの多くは確認用の画像、最終画像、を出力するためにレンダリング処理をしなければなりません。高品質な設定ですとレンダリングにかなりの時間を要します。アニメーションであれば膨大な時間と電力を必要としコスト高の原因となっています。

これを解決できる技術が今回のGPUアクセラレーションです。cpuより計算能力の高いGPUグラフィックカード(CPUの10倍以上の処理能力)を使用し最終レンダリング画像に限りなく近い品質の画像をリアルタイムで処理出来るわけです。それも複数のPC、GPUの能力を一つに集約することも可能で一昔前のスパーコンピューターレベルの処理が可能となります。この技術によりCG制作のコストとワークフローを大幅に改善できると思います。もちろんCGパース、建築パースも例外ではなく、かなり期待したい技術で販売されれば即導入したいところです。
最終的にはお客様に満足していただけるスピード対応、クオリティアップに貢献ができる技術として早期完成を期待しています。


CGパース、建築パース、インテリアパース、3DCG、店舗パース、住宅パースはシェルパにお任せ下さい。
シェルパ ホームページhttp://sherpa-cg.com/
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sherpa21.blog46.fc2.com/tb.php/14-0a7aa18f
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。